《ただ今、「リスツール」【無料試用版】配布中!!》⇒

   
※「無料試用版」は処理件数3,000件まで対応。「製品版」は無制限です。

 

ListooL「リスツ−ル」は分散したリストを統合、整理、マッチングし、戦力リストに最適化するための便利なツールです。

 

社内には様々なリストが存在します。

「顧客リスト」、営業マンが各自保有する「得意先リスト」、展示会やセミナー来場者のアンケートを集計した「見込み客リスト」、業者から購入の「新規開拓用リスト」、DM禁止の「ブラックリスト」、等々。

また、これらリストが分散したままでは効果的・効率的な新規開拓が望めません。

しかし、リストデータを整理したくても、マイクロソフト社の「アクセス」や高度なデータベースソフトはなかなか一般の方は使いこなせないものです。

一方、手作業と目視でコツコツ行う作業は莫大な時間と人件費を要することとなり、間違えも発生します。

そこで、自社内で簡単にリストを整理できるソフト、「リスツール」をご提案させていただきます。

新規開拓の成功は効果的・効率的なリスト抽出にかかっているといっても過言ではありません。

「リスツール」はまさに、分散したリストを宝の山に変えるツールです。

さらに、「リスタ」と併用することで相乗効果を発揮します。

 

   

@ 3つのリストについて重複を省いて一つに統合したい。

A 北海道から沖縄まで都道府県順に並び替えたい。

 

B 株式会社だけ抽出したい。

 

C メールリストから特定のアドレスを取り除きたい。

 

D 都道府県と業種でクロス集計した件数表を作りたい。

 

E 2つのリスト同士を補完して一つにしたい。→ マージ

 

F 新規開拓用FAXリストから配信停止のFAXリストを削除したい。→ 差分

 
   

【リスツールの主な機能】

       
    複数ファイルの統合 複数のリストを列名などを指定して1つに統合できます。
     
    リストの整理 リストごとに呼び名の違う列名を指定した列名に統一できます。
     
    情報の付与 リストに都道府県コード、都道府県名列、郵便番号の付与ができます。
     
    データの前処理 スペースの排除、タブの排除、全角・半角の統一を行います。
     
    電話番号分割 統一して分割処理できます。(例) 01-2345-6789/01(2345)6789 
     
    文字列置換 文字列を指定文字で置換できます。
     
    企業(名)表記統一 株式会社⇔(株)など法人格の統一ができます。
     
    住所表記統一 ○丁目○番○号 ⇒ ○-○-○ の統一ができます。
     
    重複データの除去 重複データを列を指定して排除できます。
     
    件数表の作成 データの件数表を出力します。
     
    指定文字列を含むデータを抽出/削除 指定文字(複数指定可)を含むデータをのみを抽出・削除できます。
     
    並び替え(降順/昇順) データを降順・昇順に並び替えできます。
     
    クロス集計 データの件数を項目をクロスして集計できます。
     
    マッチ 2つのリストファイルの両方に含むデータのみを抽出できます。
     
    差分 2つのリストの差分を抽出できます。
     
    マージ 2つのリストをマージ(合わせる)ことができます。
       

【動作環境】

    OS WindowsXP(SP2以降)/Vista/7 日本語版 ※Windows2000は非対応
    HD 1GB以上のHD空き
    CPU/メモリ Pentium4 2.4GHz以上 メモリ:512MB以上 
    その他 取り扱うデータファイル形式:CSV
       
   
   
 (1) CDからインストール  
   
   

CDをセットするとインストーラーが起動します。「ListooL」にチェックしあとは画面の指示に従ってインストールしてください。

自動インストールにならない場合はSETUP.EXEファイルを直接ダブルクリックしてください。

 (2) セットアップファイルからインストール  

SETUP_LT.EXEフィルをダブルクリックしてください。あとは画面の指示に従ってインストールしてください。

 ●認証  
   

[シリアルキーを認証]から左記画面が表示されますので、シリアルキーを入力ください。コピ−&ペーストをおすすめいたします。

シリアルキーが無い場合は、試用版として上限3,000件までの処理(何度でも試用可能)となります。

   
 ●スタート  
   

[スタート] → [プログラム] → [リスト整理ツールListooL] → [ListooL]よりスタートします。

   
   
@「入出力ファイルの選択」画面  
   

[リストを整理する]から左のような画面が起動します。ここで入力するファイルを選択指定します。 複数ファイルを選択し一つに統合することができます。

   
   
A「列情報の入力」画面  
   

「行追加」ボタンをクリックして入力列名と出力列名を入力します。

出力列名を変更することもできます。(カンマ区切りで複数変更可)

電話番号、住所、企業名をチェックしておくと下記「特殊列の追加」や「3.オプションの設定」で加工可能となります。出力先に特殊列を追加できます。

   
   
B「オプションの設定」画面  
   

3-1-1.データの前処理

3-1-2.データの前処理

   

3-2.電話番号分割

3-3.文字列置換

   

3-4.企業表記統一

3-5.住所表記統一

   

3-6.重複データの除去

3-7.件数

   

3-8.指定文字列を含むデータを抽出/削除

3-9.並び替え

   

3-10.クロス集計

 

※クロス集計(イメージ)

   
   
C「マッチングツール」画面  
   

[リストをマッチする]から「リストマッチングツール」が起動します。2つのファイルを相互に加工できるツールです。

   

「マッチ」とは

「入力ファイル1」と「入力ファイル2」に共通するデータのみを抽出します。

「差分」とは

「入力ファイル1」より「入力ファイル2」と共通するデータを削除します。

「マージ」とは

「入力ファイル1」と「入力ファイル2」を共通のキーで融合します。

   
   
   

リスト整理ソフト「リスツール」は、自動リスト作成ソフト「リスタ」製品版を

ご購入いただけますと、同じシリアルキーで製品版として動作いたします。

リスツールだけのお申し込みも可能です。(12ヶ月コースのみ)

自動リスト作成ソフト「リスタ」及び価格はこちらのページをご覧ください。

※「無料試用版」は処理件数3,000件まで対応。「製品版」は無制限です。